アイリスト

美容師

美容師が転職先を探すなら、断然転職サイト

美容師が転職を考えるとき、ほかの美容室に転職したい、美容師免許を活かしながら、エステサロンやビューティーサロンなどに転職したい、美容師免許を活かして医療や介護業界で働きたい、美容師以外の異なる職種に転職したいなど、希望はさまざま。
美容師以外の異なる職種に転職したい場合、大手の転職サイトや転職雑誌などでは多くの求人情報を扱っているため便利ですが、ほかの美容室に転職したい、美容師免許を活かしたいといった場合は、美容業界の求人情報を多く掲載している転職サイトを利用した方が便利です。

目次:
美容師の転職先は実に幅広い
転職先を美容業界にこだわる場合は
転職先を探すなら転職サイトが断然便利

美容師の転職先は実に幅広い

美容師は活躍する範囲が広く、美容室以外にも様々な場所で活躍しています、例えば最近ではエステサロンやビューティーサロンなどでもヘアスタイリングのサービスを提供するところがあるため、活躍していますし、芸能界やフォトスタジオなどでも活躍しています。
ブライダル業界でもヘアスタイリストとして活躍していますし、頭皮マッサージを行うヘッドスパなどでも活躍しています。また美容師は医療や介護業界でも活躍しています。
例えばかつらメーカーで薬やケガのために髪の毛を失ってしまった人に医療用かつらをつくり、そのスタイリングを行うといった仕事をしていたり、老人ホーム等の高齢者用の施設に訪問し、ヘアスタイリングをする訪問美容師となり介護業界で活躍している人もいます。
美容師の活躍範囲は幅広いため、美容師免許を活かして転職を考える場合、ほかの美容室への転職を考えるだけでなく、美容業界全体、そして美容業界以外の業界への転職も考えることができます。

転職先を美容業界にこだわる場合は

美容師が転職で美容業界にこだわる場合も、ほかの美容室に転職する以外にいくつかの選択肢があります。
例えば美容師免許を活かしてまつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイリストに転職する方法があります。アイリストは美容師と同様、仕事をする上で国家資格の美容師免許が必須です。
そのため美容師からアイリストへの転職は考えやすいといえます。まつ毛エクステの流行によってアイラッシュサロンが増加しており、アイリストは不足がちで、1年を通して募集が行われています。そのため求人情報を探しやすい状態です。ただし美容師とアイリストは仕事で必要となる知識や技術が大きく異なるため、転職してすぐにバリバリアイリストとして活躍するわけにはいかず、研修期間を経てアイリストを目指すことになります。
ネイリストやエステティシャンは仕事をする上で必須となる資格がないため、美容師から転職を考えやすい職種です。ネイリスト、またはエステティシャンとしての知識や技術はスクールに通って身に着ける方法がありますが、研修制度が整っているサロンに転職すれば、研修を経て一人前の。ネイリスト、エステティシャンになることができます。

転職先を探すなら転職サイトが断然便利

インターネット上の転職サイトは、大手の転職サイトになると数万件から十数万件の求人情報が掲載されており、エリアや収入などの条件によって検索することができるため、便利です。
転職サイトはIT系の求人情報が豊富であったり、女性の求人情報が多かったりサイトによって特徴があります。そのため、自分が望む転職先の求人情報を多く扱っている転職サイトを利用した方がより求人情報を多く集めることができます。
美容師以外、美容業界以外の職種への転職を考えている場合はDODAやリクナビといった大手サイトを利用するのが便利でしょう。一方、ほかの美容室への転職や、美容業界の別の職種への転職を考えている場合は、アットスマイルなどの美容業界の求人情報を多く掲載している転職サイトが便利です。
転職サイトではその業界専門のエージェントがいて転職のサポートも行っています。非公開の求人情報を入手したり、オファーを受けることも可能なため、転職にあたって転職サイトの転職サポートを利用してみましょう。

【関連リンク】