美容師

転職は美容師にとってスキルアップの手段である!

美容師は常に美的センスを磨き、そして技術を磨かなくてはならない職業です。そのため、美容師の中にはスキルアップのためにほかの美容室やビューティーサロンなどに転職を繰り返して腕を磨く人もいます。
転職の度に新しい職場で一からやり直すことになるためつらい部分もありますが、技術とスキルを身に着けることによって、幅広い働き方ができるようになります。

目次:
美容師は常に美的センスを磨く職業
美容師の働き方は実にさまざま
下積みの時期に決まる、美容師人生

美容師は常に美的センスを磨く職業

美容師は離職率の高い職種で、美容師になってから3年目の離職率は80%にもなるといいます。離職率が高い理由は収入が低い、勤務時間が長時間、休日が不定期など仕事環境の問題や仕事場の人間関係の問題などといった問題もありますが、美容師としてのスキルを磨くためにほかのサロンに転職する人も多いためです。
ひとつところに長くいて経験を積む方法もありますが、様々な技術に触れて習得するには、複数のサロンで研鑽を積む方法が有効です。サロンを渡り歩くことによって、サロンごとの特徴を感じ取り、ヘアスタイリングの技術やカット技術など様々技術に触れ、吸収することができます。複数のサロンを転職することは、一から勉強しなおし、修行しなおしになってしまう場合があります。
収入についても経験を積んで収入アップしたところで、別のサロンに転職すれば一時的に収入ダウンしてしまう場合もあります。しかし様々な技術を得ることによって美容師として幅広い働き方をすることができるようになります。

美容師の働き方は実にさまざま

美容師はサロンに正社員として採用されて固定給を得る働き方だけでなく、経験とスキルを積むことによって業務委託、面貸しといった働き方をすることができます。
業務委託と面貸しでは、サロンに雇われて働くのではなく、一人の事業者としてサロンと契約を結んで働く方法です。時間や日、お客様の数といった単位でサロンに使用料を支払って働きます。業務委託と面貸しの違いは、集客は誰が行うのかという点です。業務委託の場合は、集客はサロンが行います。
一方、面貸しは、集客は自分で行います。業務委託と面貸しでは就業時間や休日など、サロンと交渉して自分で決めることができることから自分のペースで働くことができ、働けばその分収入アップを臨むことができる働き方です。自分で集客する分、面貸しの方が事業者として色合いが濃くなり、固定客が多ければそれだけ収入を確保することができます。
複数のサロンを転々とするメリットは、技術が収得できるという点だけでなく、幅広く顧客を得ることができるというメリットもあります。今まで働いたサロンでお得意様を作っておけば、面貸しとして働き始めたとき営業活動もしやすくなりますし、収入アップすることもできるようになります。
美容師の中には複数のサロンと契約を結んで活躍する美容師もいて、働き方は様々です。一般企業に勤めるOLやサラリーマンの場合、経験やスキルを積んで出世をしても、勤務時間や休日など、会社の規則に縛られることが多くありますが、美容師の場合、技術とスキルを磨くことによって自分にあった働き方を選ぶことも可能になるのです。

下積みの時期に決まる、美容師人生

美容師は経験と技術が重要な仕事です。専門学校を卒業して美容師免許を取得しても、すぐに一人前の美容師としてバリバリ仕事ができるわけではなく、アシスタントを経て、一人前の美容師になっていきます。
一人前に美容師になるには3年間くらい必要といわれており、アシスタント期間は給与も安く、体力的にも厳しいため、そこで美容師をあきらめてしまう人もいます。
しかし一方で、一人前の美容師となり、幅広い活躍をする人も多くいます。美容師は美容室に限らず、エステやビューティーサロンなど美容業界全般、そして芸能界やフォトスタジオ、ブライダル、そして薬やケガの原因によって髪の毛を失ってしまった人にかつらを作ったり、施設に訪問して美容サービスを提供する訪問美容師など医療、介護などの業界でも幅広く活躍しています。
美容師は経験とスキルを積んで一人前の美容師となれば、様々な働き方を選ぶことができる職業なのです。

【関連リンク】

タグ: