美容師

美容師免許にこだわりすぎない転職のススメ

美容師から同じ美容業界への転職を考えるとき、美容師免許を転職に活かす職種に転職するかどうかは考えるところでしょう。苦労して取得した美容師免許を活かして転職したいということであれば、ほかの美容室に転職するか、アイデザイナーへの転職を検討することになります。
しかし美容師免許にこだわらなければ、様々な転職先を検討することができます。

目次:
美容師免許を活かした転職ってどんなの?
美容師の知識やスキルを活かした転職の道
独立開業を目指す道も

美容師免許を活かした転職ってどんなの?

美容師免許を取得するには、免許の取得ができる専門学校に2~3年通ってヘアスタイリングやメイクアップなど、美容師としての知識と技術を学び、試験に合格する必要があります。そんな苦労をして取得した美容師免許ですから、転職にあたって美容師免許を活かしたいという人は多いでしょう。
しかし美容師免許を活かして転職する場合、選択肢はあまり多くはなく、ほかの美容室に転職するか、仕事をする上で美容師免許を求められるアイデザイナーへの転職を検討することになります。まつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイデザイナーは現在アイラッシュサロンの増加に伴い売り手市場の状態で、今後もこの傾向が続くといわれています。そのため1年を通して募集が行われており、勤務条件などを選んで応募することができます。
ただし、美容師と同様に仕事をする上で美容師免許が必要になるといっても、美容師とアイデザイナーでは必要となる知識や技術が異なります。そのため美容師からアイデザイナーに転職する場合、アイデザイナーとしての勉強が必要になります。大手のアイラッシュサロンなどでは研修制度が整っており、働きながら一人前のアイデザイナーになることができるため、無職の期間を短くしたい場合は大手のサロンを目指してもよいでしょう。頭皮のマッサージを行うヘッドスパの中には美容師免許を所持していると優遇するサロンもあるため、ヘッドスパニストへの転職も検討することができます。

美容師の知識やスキルを活かした転職の道

美容師免許にこだわらず、しかし美容師としての知識やスキルを活かして転職したいといった場合、転職先の選択肢は大きく広がります。例えばコスメブランドの美容部員やメイクアップアーティストなら、メイクアップ技術や知識を活かすことができます。美容部員は百貨店のコスメコーナーや、コスメブランドのショップで、メイクアップ商品の説明や販売を行う仕事です。
メイクアップ商品の使い方を説明するために実際にメイクを行うこともあり、美容師の知識やスキルを活用できます。美容部員はどちらかというと、コスメ商品のセールスの方がメインの仕事になりますが、メイクアップアーティストとなると、メイクアップがメインの仕事となります。メイクの仕事が好きな人向きの職種です。同じ美容業界の仕事の中でもエステティシャンやネイリストは、仕事をする上で資格が必要ないため、転職を考えやすい職種といえます。エステティシャンやネイリストにも民間資格があり、所持していると転職には有利になるため、美容師の仕事をしながら資格の取得を目指してもよいでしょう。
エステティシャンやネイリストとしての知識や技術を身に着けるためにスクールに通う方法がありますが、大手エステサロンでは研修制度が整っているところがあり、未経験者でもOKというところもあります。そのようなサロンに転職すれば無職の期間を短くできます。

独立開業を目指す道も

美容室はサービスを提供するために、ユニットを導入したり、パーマ用の器材など大きな器材を用意する必要があります。また器材を入れるためにはある程度のスペースも必要です。そのため美容師の独立開業には、大きな資金が必要になります。
しかし、ネイルサロンは施術で大きな器材が必要ないため小さなスペースで開業することができます。そのためネイリストは独立開業しやすい職種といわれています。エステサロンについてもフェイスケアなどサービスでは大きな器材を使わなくてもよいことから独立開業を考えやすい職業といわれており、自宅の一室にて開業し、軌道にのったら店舗を開業する人もいます。転職にあたって独立開業を目指す場合は、独立開業しやすい職種を検討してもよいでしょう。

【関連リンク】