エステティシャン

美容師

ネイリストからエステティシャンに転職すると「3か月で一人前」に

憧れてなった職業でも実際に仕事をしてみると、イメージが違うことがあります。ネイルケアやネイルアートを行うネイリストは、仕事をする上で資格が必要ないため、誰でも目指すことができる仕事ですが、ネイリストが多く活躍するネイルサロンはサロンによって勤務条件が大きく異なることから転職を考える人がいます。
そんなときに同じ美容業界で転職を考えやすいのが「エステティシャン」です。

目次:
資格なしにできる仕事、エステティシャン
エステサロンはサロンごとに必要とされる知識と技術が異なる
大手サロンは研修制度が充実

資格なしにできる仕事、エステティシャン

アイデザイナーから別の職業に転職を考えるとき、美容業界ではない、別の業界のまったく異なる職種への転職を考える人がいる一方で、美容業界の別の職種への転職を考える人も多いでしょう。
美容業界には様々な職種がありますが、仕事をする上で資格が必要な職種の場合、転職に時間と費用がかかります。例えば、美容師やまつ毛エクステなどの施術を行いアイデザイナーは、仕事をする上で、国家資格の美容師免許が必要になります。
美容師免許を取得するには、免許が取得できる専門学校に入学して2~3年専門的な知識と技術を学び、その上で試験に合格しなければならないため、美容師やアイデザイナーへの転職を考える場合は、時間と費用がかかることを承知で、早めに転職を検討した方がよいでしょう。しかしながら、美容業界の職種の中でも仕事をする上で資格を必要としない職種もあります。エステティシャンは、仕事をする上で必須の資格がないため、ネイリストからの転職を検討しやすいといえます。

エステサロンはサロンごとに必要とされる知識と技術が異なる

エステティシャンが多く活躍するエステサロンは、美容サービスを提供する施設ですが、その内容はサロンによって大きく異なります。脱毛や痩身、アロママッサージ、フェイシャルケアといったサービスはエステサロンの代表的なサービスですが、フェイシャルケアを専門とするサロンや脱毛を専門とするサロン、痩身を専門とするサロンなどもあって、サロンが提供するサービスは様々です。
またサロンの形態もインド式やタイ式などの種類があり、形態によって必要になる知識や技術が異なります。そのため、エステティシャンへの転職を検討する場合は、エステサロンがどのようなサービスを行っているのかを確認し、その上でサロンを選ぶことが大事です。どのような形式のサロンであってもエステティシャンには、美容に関する専門的な知識と、施術に使う機材の取り扱い方法の知識が要求されます。
美容業界は常に新しい美容方法が開発され、それに併せてエステサロンで利用される機器も変わっていき、エステティシャンには最新の機器を扱う知識と技術が求められるのです。またエステティシャンは体力も要求されます。例えば全身美容のサービスを提供しているサロンなどでは、お客様の体全体をマッサージしていきます。それを1日に何度も行うため、体力が必要です。

大手サロンは研修制度が充実

エステティシャンは仕事をする上で資格は必要とされませんが、美容に関する知識と技術が必要です。美容に関する知識と技術を学ぶためにスクールに通うなど方法がありますが、大手エステサロンの場合、研修制度が整っており、未経験者でもOKといった募集を行っているところがあります。
そのような研修制度が整っているサロンを選べば、エステティシャンに転職するための時間や費用を抑えることができます。また大手エステサロンの場合、福利厚生などが整っているサロンも多いため、安定した生活をしたい場合は、募集に応募するにあたって勤務条件を確認しましょう。サロンによっては未経験で入社しても経験を積んで幹部への昇格が可能なサロンもあります。バリバリ仕事がしたいといった人は、そのようなサロンを選んでみてもいいでしょう。
サロンによってはアルバイトや契約社員といった形の勤務に変更することが可能で、勤務時間を調整して働くことができるサロンもあります。そのようなサロンの場合、結婚や子育てなどがあっても勤務時間を調整して仕事を続けていくことを考えることができます。

【関連リンク】