美容師

自分のライフスタイルを大事にするための転職ストーリー

美容師は美容室に正社員として勤務する方法もありますが、美容室によっては経験を積んで面貸しや業務委託といった働き方をすることもできます。または美容室によっては契約社員、アルバイトといった働き方をすることも可能で、自分のライフスタイルにあった働き方をするために転職をする美容師もいます。また美容師は美容業界にとどまらず、フォトスタジオや芸能関連、介護業界など様々な業界で活躍しており、よりやりがいを求めて転職する人もいます。

目次:
転職すると、働き方を選ぶことができる
アルバイトや契約社員となって長く働くのもOK
やりがいを求めて美容業界以外に転職する道も

転職すると、働き方を選ぶことができる

美容師は美容室に正社員として勤めるだけでなく、様々な働き方ができる職種です。
例えば、業務委託とは、売上の何パーセントかを店舗に収めて働く方法です。そのため働けば働くほど、高い収入を得ることができます。お客様は美容室が見つけてきてくれるため、一定の収入を確保することができます。美容室によっては勤務時間や勤務日を調整することができるため、自分のライフスタイルにあった働き方ができます。
面貸しという働き方も、売上の何パーセントかを店舗に収めて働く方法です。業務委託と異なるのは、面貸しの場合は、自分でお客を見つけてこなければならないということです。そのため固定客がいる場合は、一定の収入を確保することができますが、そうでない場合は収入が減ってしまう場合があります。業務委託と同じように面貸しも勤務時間や勤務日を調整することができるため、自分のライフスタイルにあった働き方ができます。売上の何パーセントかを店舗に収めるのかは、店舗によって異なるため、業務委託、面貸しといった働き方が可能な美容室に転職する場合は、何パーセント納めるのかあらかじめ確認しておきましょう。

アルバイトや契約社員となって長く働くのもOK

女性が働くとき、結婚や子育ては、仕事を辞めるか、そのまま続けるかを考えるポイントになります。仕事を続けたいと思っても、保育園の送り迎えや家事のため、フルタイム働くことが難しく、仕事を辞めてしまう人もいます。しかし、アルバイトや契約社員といった働き方が可能で、勤務時間や勤務日を調整することができる場合、仕事を辞めずに続けることを考えることができるのではないでしょうか。
美容室によっては、アルバイトや契約社員といった働き方が可能で、正社員からアルバイト、アルバイトから正社員に戻るといったことが可能な美容室があります。そのため仕事を長く続けることも目的に、勤務形態の変更が可能な美容室に転職をする美容師もいます。勤務時間や勤務日をどのくらい調整することができるかは美容室によります。1日4時間、週3日の勤務が可能なところもあれば、勤務は毎日で4時に早引けすることが可能な美容室もあるため、応募の際には、どのくらい調整することができるのか、あらかじめ確認しておきましょう。
美容室によっては、いったん仕事を辞めて、しばらくしてから再雇用が可能な美容室もあるため、自分の仕事の仕方を考えて勤務条件をよく確認して転職を考えましょう。

やりがいを求めて美容業界以外に転職する道も

美容師は美容業界以外でも、広範囲で活躍している職種です。例えば、フォトスタジオやメイクアップスタジオなどといった施設でも美容師は活躍しています。またブライダル業界でも美容師は活躍しており、花嫁、花婿が最高の一日を迎えることができるよう、ヘアスタイリングを行い、結婚式のサポートを行っています。
訪問美容師となって医療、介護の業界で活躍している美容師もいます。訪問美容師は、店舗の中で働くのではなく、病院や老後施設など、お客様がいるところに訪問して美容サービスを提供します。高齢化社会を迎えて訪問美容師の需要は高まってきており、訪問美容師は美容室で一日中仕事をするより、いろいろな場所に訪問して仕事がしたいという人にぴったりです。
美容師というと、美容室で多く活躍していますが、よりやりがいを求めて、美容室以外、美容業界以外に転職する美容師もいます。

【関連リンク】

タグ: