アイリスト

自分にあった職場を探して転職、そこから充実した生活を

まつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイデザイナー(アイリスト)は美容業界の様々な職種の中でも、高給取りの上に、アイラッシュサロンの増加によって売り手市場のため、勤務条件を選んで就職や転職を検討することができる状態です。
そのため自分にあった勤務環境を求めてほかのアイラッシュサロンに転職するアイデザイナーもいます。

目次:
サロンによって働き方が異なるので選びやすい
勤務時間が調整することができるサロン
転職で収入アップを目指すことも可能!

サロンによって働き方が異なるので選びやすい

まつ毛エクステやまつ毛パーマの流行によってアイラッシュサロンは現在増加しています、この傾向は今後も続くといわれており、まつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイデザイナーは1年と通して募集が行われています。
そのためアイデザイナーは勤務条件などを選んで募集に応募することができる状態です。サロンの勤務条件や応募の条件は、サロンごとに異なるため、自分にあった転職先を探すには、給与だけでなく、勤務条件等をしっかり確認するようにしましょう。自分にあった職場を探すには、自分のライフスタイルを大事にしながら働きたい、結婚や子育てなどがあっても長く仕事を続けていきたい、バリバリ仕事をして、その分高収入を得たいといった目的に併せて勤務条件を確認することがポイントです。

勤務時間が調整することができるサロン

アイラッシュサロンの増加によって、アイデザイナーは不足状態にあります。そのためサロンでも勤務するベテランアイデザイナーを長く確保することができるよう、職場環境を整えたり、また未経験者でも採用することができるように研修制度を整えるなど、様々な職場改善を行っています。
女性が仕事を長く続けるには、結婚や子育てなどによって、正社員として、勤務時間いっぱい働くことが難しいといった問題がありますが、アイラッシュサロンによっては、アルバイトや契約社員といった勤務形態に変更することが可能で、勤務時間や勤務日を調整することができるサロンもあります。
1日の勤務時間4時間以上といった条件ならば、子供の保育園の送り迎えや家事などを行う時間を確保することができます。子供が小学校に上がって時間が確保することできるようになったら正社員に戻ることが可能といったサロンもあり、育児休暇など、福利厚生が整っているサロンもあります。このようなサロンなら長く仕事を続けることを検討できます。アイデザイナーは仕事をする上で美容師免許が必要ですが、免許を取得すればすぐにバリバリ働くことができるわけではなく、経験が重要です。
そのためサロンによっては、経験が重視されるサロンもあります。転職というと、一定期間給与が下がってしまう場合がありますが、アイデザイナーの場合、一定のキャリアがあり、経験者優遇の制度があるサロンもあって、そのようなサロンを選べば前職と同じくらいの給与を確保することものぞめます。サロンによってはノルマがあって、1日に決まったお客様の対応を行わなければならないサロンがある一方、ノルマに縛られず、じっくり時間をかけて施術を行うことができるサロンもあります。自分のペースで仕事がしたいという場合は、ノルマの有無も確認した方がよいでしょう。

転職で収入アップを目指すことも可能!

アイラッシュサロンの中には給与が基本給+歩合制になっているサロンがあります。そのようなサロンでは働けば、働くほど、高い収入を得ることができます。また、サロンによっては、業務委託や面貸しといった働き方が可能なサロンもあります。
業務委託や面貸しは、サロンに売り上げの何パーセントかを納めて残りは自分の収入とする働き方で、固定客をつかむことによって、一定の収入を確保し、働けば働くほど、高い収入を得ることができますし、勤務時間など働き方を自分で決めることができます。お店に収入の何パーセントを納めるのかはサロンによって異なるため、業務委託や面貸しという働き方を考える場合はあらかじめ確認しておきましょう。
そのほか、サロンによっては幹部や店長への昇級が可能なサロンもあります。収入アップを目的としてほかのアイラッシュサロンへの転職を考える場合、サロンの給与や働き方を確認するのがポイントです。

【関連リンク】