ネイリスト

手先の器用さをいかせばネイリストにはこんなに出世コースがある

ネイリストは美容師やアイデザイナーのように仕事をする上で必須となる資格がないため、誰でも目指すことができる仕事であったり、座って仕事ができるため、体力がなくても務まる仕事というイメージがあります。
しかし、実際にはネイルの施術には集中力が必要ですし、施術を行っている間はずっと同じ態勢を続けているため、肩こりなどに悩まされる人もいます。お客様にリラックスして施術を受けてもらうために接客術も必要であり、見た目よりもずっとハードな仕事です。
ネイリストが多く活躍するネイルサロンはサロンによって勤務条件が大きく異なり、安定した生活ができる収入を得ることができないといったケースも多く、手先の器用さをいかせばもっと良い職場があるのでは?と考えるネイリストも多くいるようです。

目次:
ネイリストに必要な資質、活躍できる能力
ネイリストの出世コース?ネイルメーカーの仕事
他業界への就職もこんなにチャンスが

ネイリストに必要な資質、活躍できる能力

勤務条件などの理由によってネイリストが転職を考える場合、勤務条件の整っている大手ネイルサロンに転職を考える方法がある一方、美容業界のほかの職種に転職したり、美容業界以外に転職を考えてもよいでしょう。
ネイルケアやネイルアートといった施術は手先の器用さが求められます。またネイルアートには美的センスも要求されます。そんな手先の器用さと美的センスを利用した職業への転職を考えてもよいでしょう。
例えば、おしゃれ小物、雑貨を作成するメーカーやショップなどの販売員、雑貨の制作を行う仕事も考えてよいでしょう。おしゃれ小物・雑貨作りには、手先の器用さが必要ですし、美的センスも必要になるため、ネイリストとして身に着けた手先の器用さ身的センスを活用することができます。ネイリストが美容業界以外への転職を考える場合、何をやりたいのかが大事です。

ネイリストの出世コース?ネイルメーカーの仕事

ネイルリストとして身に着けた経験や技術、知識を活用することができる職業に転職したい場合、転職先としてネイルメーカーやネイル製品を扱う問屋への転職を考えても良いでしょう。一言にネイルメーカーやネイル製品を扱う問屋での仕事といっても様々なものがありますが、例えば営業や販売員の場合、ネイリストとしての知識を活用することができます。
製品の使い勝手などの特徴などを説明するときも詳しい説明をすることができますし、実際に使って見せることもできるでしょう。また最近では自宅でネイルケアやネイルアートを行うことができるキッドが発売されて人気となっており、ネイルメーカーではキッドの開発に力を入れています。ネイルメーカーの企画などの仕事ではネイリストとしての経験や知識を活かして、ネイルケアやネイルアートのキッドの開発・製造を行うことができます。
ネイリストは知識や技術だけでなく、リラックスして施術を受けてもらうことができるよう接客術も必要になります。ネイリストの中にはそんな接客が苦手のため転職する人もいますが、美容業界以外の業界での仕事の場合、同じ接客でもネイルサロンで要求される接客とは異なるため、活躍する人もいるようです。

他業界への就職もこんなにチャンスが

ネイルメーカーやネイル製品を扱う問屋への転職など、他業界への転職については、安定した収入を得ることができる、自分の時間を確保して仕事ができるといったメリットがあります。
例えばネイルメーカーやネイル製品を扱う問屋は、一般企業と同じく就業規則が作られ、勤務時間や休日が決められています。そのため、週末に週休二日を確保することもでき、働きながら自分の時間を確保することができます。
またネイルメーカーやネイル製品を扱う問屋などでは福利厚生が充実しているところもあります。ネイルサロンで働くネイリストから勤務時間に見合った収入を得ることができず、生活が苦しいといった話も聞かれますが、ネイルメーカーやネイル製品を扱う問屋では、一定の収入を得ることができ、賞与などもあるため、サロンに勤めていた頃に比べて収入アップし、生活を安定させることをのぞむことができます。

【関連リンク】