アイリスト

アイラッシュサロンからメイクサロンに転職するとノルマから解放?

まつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイデザイナー(アイリスト)は、美容業界の中でも高収入が得られることから注目の職業です。アイデザイナーはまつ毛エクステやまつ毛パーマを専門とするアイラッシュサロンで多く活躍していますが、最近はエステサロンやメイクサロンなどでもまつ毛エクステやまつ毛パーマのサービスを提供するところが増えていることから、アイデザイナーが活躍する場所は広がりつつあります。

目次:
アイリストって見た目よりハード?
サロンによってはノルマがある
アイラッシュサロン以外にも活躍の場が!

アイリストって見た目よりハード?

まつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイデザイナー(アイリスト)は、座りながら施術を行うため、見た目には体力的に楽といったイメージがあります。
しかしまつ毛エクステの施術では、まつ毛を1本1本専用の接着剤でつけていかなくてはならず、さらに目元の施術のため集中力がいる仕事です。そして仕事中は同じ姿勢を取り続けていることから肩こりなどに悩まされる人もいます。
アイデザイナーは見た目よりハードな仕事なのです。さらにアイデザイナーはお客様にリラックスして施術を受けてもらうための接客術も必要とされます。そんなアイデザイナーは多くはまつ毛エクステやまつ毛パーマを専門とするアイラッシュサロンで活躍しています。しかし、最近ではエステサロンやメイクサロンなどでもまつ毛エクステやまつ毛パーマのサービスを提供するところが増えており、アイデザイナーの職場の範囲は幅広くなってきています。
そのため就職や転職を考えるとき、アイラッシュサロンだけでなく、幅広く募集を探すことができます。

サロンによってはノルマがある

アイデザイナーは多くまつ毛エクステやまつ毛パーマを専門とするアイラッシュサロンで活躍しています。しかし勤務状況はサロンによって大きく異なります。
地域に数店舗を構えるような大手サロンなどでは、勤務条件が整い、休日の確保や福利厚生なども充実していますが、そうでないサロンも多くあります。またサロンによっては一人ひとりお客様に時間をかけて施術ができるサロンもあれば、ノルマがあり、次から次に施術を行わなくてはならないサロンもあります。
ノルマがあるサロンでは、ノルマに追い詰められて、自分の時間を確保して働くのが難しいといったところもあるようです。そのため、収入が良くても自分の時間を確保したり、自分にあった働き方を考えて転職するアイデザイナーを少なくないようです。
欧米人に比べて顔の凹凸の少ない日本人は目元のメイクを凝る傾向があり、メイクで目元のメイクが一番手間と時間がかかるという人も多いでしょう。目元を強調するにはつけまつ毛を利用する方法がありますが、つけまつ毛は汗や水気に弱く長持ちしないのがネックです。その点、まつ毛エクステは一度施術を行うと、2~3週間くらい長持ちして、顔を洗うこともできることから、大流行し、アイラッシュサロンは増加しています。この傾向は今後も続くと考えられ、そのためアイデザイナーの募集は1年を通して行われています。
募集が多いため、自分にあった働き方ができるサロンを探して転職するといったこともしやすい状態です。

アイラッシュサロン以外にも活躍の場が!

まつ毛エクステやまつ毛パーマのサービスはエステサロンやメイクサロンなど、アイラッシュサロン以外でも提供することが増えていることから、アイデザイナーが転職を考える場合、アイラッシュサロン以外、エステサロンやメイクサロンなども検討してみてもよいでしょう。
ただし、エステサロンやメイクサロンでもサロンによって勤務条件が大きく異なるため、自分にあった勤務条件のサロンを探すことが大事です。なお、サロンによっては募集に年齢制限があります。
アイデザイナーは経験とスキルが重要視されるため、経験やスキルがある場合、募集年齢に余裕がありますが、そうでない場合は35歳が上限となっているところが多いのです。そのため転職を検討するのであれば、早いうちに検討した方がよいといえるでしょう。

【関連リンク】