アイリスト

引く手あまたのアイデザイナー(アイリスト)だからできる自分らしさの実現

まつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイデザイナーは美容業界の中でも引く手あまたで高収入を得られる職業であり、まつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイラッシュサロンは今後も増加すると予想されることから注目の職業です。
そのため、アイデザイナーの求人はとても多く、技術や経験のある人であれば選び放題の状態です。そんな恵まれた状況だからこそ、勤務条件にとことんこだわってみましょう。

目次:
アイデザイナー(アイリスト)になるには?
見た目よりもタフな仕事なんです
自分にあった職場を選ぼう!

アイデザイナー(アイリスト)になるには?

まつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイデザイナーは美容業界の中でも高収入、そしてまつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイラッシュサロンが増加しており、今後も増加が予想されるという将来性の高さから、美容業界の中で注目の職業です。
そのためほかの業種から転職する人も多く、特に美容師免許を持っている美容師から転職する人が多くいます。
アイデザイナーは仕事をする上で、国家資格の美容師免許が必須のため、同じく美容師免許を持っている美容師の場合、転職を考えやすいのです。美容師免許を取得するには、免許の取得が必要な専門学校等に2~3年通い、試験に合格する必要があります。美容師免許の取得には時間と労力がかかることから、ほかの業種からアイデザイナーに転職を考える場合は、美容師免許を取得する時間を考えて早めに検討した方がよいでしょう。
アイデザイナーは目元の施術を行うために確かな知識や技術が必要であり、経験が求められます。そのため美容師免許を取得しても、すぐにバリバリ仕事ができるわけではなく、一人前になるには、時間がかかります。大手のアイラッシュサロンなどでは研修生制度が整っており、3ヵ月程度の研修を経て、一人前のアイデザイナーになっていきます。

見た目よりもタフな仕事なんです

アイデザイナーは座って施術を行う職業のため、体力的には楽な仕事というイメージがありますが、実際には集中力が必要な仕事であり、施術中は同じ姿勢が要求されることから、肩こりなど、体の負担も大きく意外にタフな仕事です。
施術の仕方はサロンによって異なり、時間をかけて施術ができるサロンもあれば、スピードが要求されるサロンもあり、サロンによって体の負担も異なります。そのため、体力的な問題から、転職を考えるアイデザイナーもいるようです。またアイデザイナーは技術や知識が要求されるだけでなく、お客様にリラックスして施術を受けてもらえるように、接客術も必要です。施術を行う前にはカウセリングを行い、お客様の要望をきちんと吸い上げる必要もあるため、接客が好きな人に向いている仕事ともいえます。

自分にあった職場を選ぼう!

美容業界の職種の中でも注目されるアイデザイナーですが、サロンによって仕事の仕方や体の負担、働き方が異なるため、自分にあった職場を希望して転職するアイデザイナーも多くいます。
まつ毛エクステの流行によってまつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うアイラッシュサロンは増加しています。そのためアイデザイナーの募集は1年を通して行われており、アイデザイナーは勤務条件などを選んで転職活動を行うことができます。サロンによって勤務条件は大きく異なり、例えば正社員のほかにアルバイトや契約社員といった働き方ができるサロンもあります。
そのようなサロンでは子供の保育園の送り迎え、食事の支度などの家事のために早く帰りたいといった場合も、勤務時間を調整することができるアルバイトや契約社員になり、仕事を続けていくことを考えることができます。またアイラッシュサロンの中には給与が歩合制のところもあります。このようなサロンでは働けば働くほど収入アップすることができるため、バリバリ働きたいという人向きです。
ベテランのアイデザイナーの中にはフリーとなって活躍する人もいます。別のアイラッシュサロンへの転職は勤務条件など、働く環境をよく確認することが大事です。

【関連リンク】