美容師

美容師の大敵、手荒れを何とかしたい方へ

美容師の仕事できってもきれない悩みのひとつが、手荒れですよね。
シャンプーやトリートメント、カラー、パーマといった施術は、人によって手荒れを起こしてしまう場合があります。手荒れがひどい場合は、美容師の仕事をどうするか考えなくてはならなくなりますが、せっかく憧れてなった美容師、苦労して取得した美容師免許ですから、転職を考える場合も美容師としてのスキル、美容師免許を活かす仕事を考えたいものです。

目次:
美容師になるのは楽じゃない
手荒れを起こす施術のないサロンに転職ってどう?
美容業界以外の仕事に転職する道もある!

美容師になるのは楽じゃない

美容師は仕事をする上で国家資格の美容師免許が必要になります。美容師免許を取得するには、免許を取得することができる専門学校などに2~3年通い、その上で試験に合格する必要があります。
免許を取得しても、すぐにバリバリ美容師として仕事ができるわけではなく、美容院などに就職してアシスタントや研修期間を経て一人前になっていきます。一人前に美容師になるには、大きな時間と労力が必要になるのです。そんな苦労してなった美容師でも手荒れの問題により美容師をあきらめなくてはならない人がいます。
美容院ではシャンプーやトリートメントといったお湯を使ったサービスを行います。1日に1回、2回といった程度であれば、ハンドクリームを使うことによって手荒れを回避することができるでしょう。しかし、1日に何回もシャンプーやトリートメントを行うとハンドクリームで手を保護していても敏感肌の人などは手荒れを起こしてしまう場合があります。
また美容室では、カラーとパーマといった施術にて薬剤を使用します。その薬剤によって手荒れを起こしてしまう場合もあるようです。施術中は手袋で手を保護していても、髪の毛の薬剤を落とすためのシャンプーや、施術中に髪の毛の状態と確かめたりするといった作業によって手荒れを起こしてしまうのです。最近では手を保護するために手袋を利用する美容院も増えてきているようですが、利用していないところもあり、手荒れは美容師の悩みのひとつです。

手荒れを起こす施術のないサロンに転職ってどう?

美容師になるには、美容師免許の取得など苦労があります。また憧れてなった美容師ですから、手荒れによって転職を考える場合も、美容師免許を活かす仕事を考えたいものです。転職先として、手荒れを起こす施術を行わないサロンに転職する方法があります。例えばヘアスタイリングを専門とするヘアサロンでは、パーマやカラーなどを行わず、手荒れの原因となる施術を行わないため、手荒れの心配少なく、仕事をすることができます。またカットを専門とするカットサロンでもシャンプーやトリートメント、カラーやパーマといった施術が行われないため、手荒れの心配なく働くこともできます。頭皮のマッサージとリラクゼーションを専門とするヘッドスパのサロンでは、シャンプーやトリートメントが行われますが、頭皮によい自然線分を使った薬剤などが使用されるため、美容室で働いていたときのように手荒れなく仕事ができ、活躍している美容師も多くいます。

美容業界以外の仕事に転職する道もある!

美容業界以外の仕事でも美容師免許を活かし、美容師としてのスキルや経験を活かす仕事としてかつらメーカーの仕事があります。かつらメーカーの仕事は様々で、かつらやウィッグを扱うショップの販売員として仕事をする方法のほか、医療用かつらを製造しているかつらメーカーの場合、オーダーメイドのかつらの制作する上で、サポートをする仕事もあります。
また介護の世界でも美容師は活躍していて、病院や施設など、美容院に通うことが難しい方のところに訪問し、ヘアスタイリングを行うといった仕事もあります。特に介護の業界では社会の高齢化に併せて、訪問してサービスを提供する美容師の需要が高まっています。
手荒れなどの問題により転職を考える場合、美容師自体をあきらめてしまう方法がありますが、形を変えて仕事を続けることを考えることができます。

【関連リンク】

タグ: