ネイリスト

ブライダルサロンは、ネイリストにとって理想の職場だった

ネイリストは多くネイルアートやネイルケアを専門とするネイルサロンで活躍していますが、ネイリストの活躍範囲は広く、ブライダル業界でも活躍しています。生涯で最も輝く時を演出するブライダル業界は、より高い美的センスが要求され、さらに結婚式に関しても知識が必要です。
女性を最も輝かせる演出のひとつとしてネイルケア、ネイルアートは必須の要素のひとつであり、美的センスを磨き、より高い美的センスを身に着けるため、スキルアップのため、ブライダル業界に転職して活躍するネイリストを多くいます。

目次:
高い美的センスが求められるブライダル業界
ブライダルサロンに転職すると収入がこんなに安定する
美的センスを磨くことも重要

高い美的センスが求められるブライダル業界

女性が最も輝く時の演出するのがブライダル業界です。ブライダル業界の仕事は幅広く、結婚式の企画、進行をするスタッフもいれば、結婚室の演出をするスタッフや、結婚式でお客様の誘導など進行を助ける裏方スタッフもいれば、引き出物など、結婚式に関連した、諸事雑事に対応するスタッフもいます。
そして花婿、とりわけ花嫁を演出するメイクやスタイリングなどを行うスタッフもいて、そうした美容に関するスタッフについては、美容に関して専門的な知識や技術が求められます。ネイルケアやネイルアートも花嫁を飾るための重要な要素のひとつです。ネイルサロンなどでは、ネイルアートはお客様の要望にあわせておこなわれますが、ブライダルサロンでのネイルアートはウェディングドレス、ヘアスタイルなどにあわせて行われます。
ブーケを持った時に一番映えるのはどのようなデザインのネイルか、ウェディングドレスにマッチする色合いのネイルは何色かといったように、ネイルだけでなく、トータルでデザインしていく必要があります。そのためブライダル業界ではより高い美的センスが要求されるのです。

ブライダルサロンに転職すると収入がこんなに安定する

ネイリストは多くがネイルサロンで活躍していますが、勤務条件はサロンによって大きく異なります。勤務時間や休日がしっかり決められていて、自分の時間を確保しながら働くことができるサロンがある一方で、休日を取ることが難しかったり、お客様の都合で長時間労働になってしまったり、自分の時間を確保して働くことが難しいサロンもあるようです。
ネイルサロンは、小スペースで開業することができることからスタッフが10人未満のサロンもあります。スタッフが10人未満のサロンの場合、地方自治体の窓口に就業規則を提出する必要がないことから、勤務時間が決まっていなかったり、休日が不定期だったりする場合があるのです。
ブライダル業界は、大手の企業がサロンや結婚式場を運営していることが多く、そのため就業規則や社会保険、福利厚生などが整っています。そのため、ネイルサロンからブライダルサロンに転職することによって、自分の時間を確保しながら働くことができるようになります。
また収入についてもブライダル企業は一般企業と同じく、賞与等が決められているため、収入アップを臨むことができます。

美的センスを磨くことも重要

ネイルサロンからブライダルサロンなどブライダル業界に転職することによって収入アップや自分の時間を確保することができる反面、美的センスを磨くための勉強をしたり、結婚式について勉強したり、より自分を高めることが要求されます。
またネイルサロンの場合、服装や髪型など自由なサロンがあります。メイクについても特に指定されず自由というところも多いでしょう。しかしブライダル業界では、服装や髪型、メイクについて指定をうける場合があります。また姿だけでなく、言葉遣いや立ち居振る舞いまで要求されます。
ネイルサロンで何の注意をうけることなく自由に仕事をしていたのに比べると、ブライダル業界の仕事はずいぶん窮屈な状態になります。その点についてはブライダル業界への転職を考える場合、あらかじめ承知しておきましょう。

【関連リンク】