美容師

美容師免許を収入の安定につなげられる職業の筆頭格とは?

美容師というとカリスマ美容師などがいて、美容業界の中でも華やかな職種というイメージがあります。しかし、勤務条件はサロンによって大きく異なります。そんな勤務条件の問題で転職を考えるとき、中には、美容師をあきらめてしまう人もいるようです。
しかし美容師免許の取得には時間と手間がかかるため、転職するなら美容師にはこだわりがないが、美容師免許を活かした仕事がしたいという人も多いでしょう。美容師免許を活かすことができる転職先としてヘッドスパにストを提案してみたいと思います。

目次:
続々とサロンが誕生しているヘッドスパとは?
美容師免許は転職に有利なプラチナ免許?
ヘッドスパサロンに転職すると収入が安定した

続々とサロンが誕生しているヘッドスパとは?

ヘッドスパとは、専用のクリーム、オイルなどを使った頭皮のマッサージを提供するサロンです。頭皮の状態は髪に大きな影響を与えます。特に抜け毛や切れ毛は、頭皮の血行が悪く髪に栄養がいきわたらないために、髪の毛が細くなってしまうことも原因のひとつです。
また頭皮の毛穴部分に汚れは溜まりやすく、そのままにしているとフケなどの原因にもなるため、頭皮を健康な状態にすることは髪のトラブルを回避する方法ともいえます。ヘッドスパでは、頭皮のマッサージ、髪のシャンプー・トリートメントを行うことによって頭皮の血行を良くして、抜け毛や切れ毛を防ぎ、健康な頭皮をサポートするのと同時に、リラックス効果を提供しています。
美容院でシャンプーをしてもらうと、つい気持ちがよくてうとうとしてしまうという経験をしたことがある人は多いでしょう。頭皮のマッサージはリラックス効果もあり、ヘッドスパは頭皮の健康とリラックスという一石二鳥の効果を得られる施設なのです。そんなヘッドスパで活躍するのがヘッドスパにストです。ヘッドスパにストは頭皮とそのマッサージ方法について専門的な知識と技術が要求されます。

美容師免許は転職に有利なプラチナ免許?

ヘッドスパでは専用のクリームやオイルを使ってのマッサージ、そしてシャンプーやトリートメントといった施術が行われます。マッサージやシャンプー、トリートメントを効果的に行い、お客様にリラックス効果を与えるには、頭皮マッサージや髪について専門的な技術が必要です。そしてこれは美容師にも必須の知識と技術です。
そのため、ヘッドスパニストへの転職を考えるとき、美容師免許を持っているということは転職に有利になります。サロンの中には美容師免許を所持していると待遇が優遇となるところも多く、中には美容師免許を所持しているスタッフを求めるサロンもあります。美容師免許を取得するには、免許を取得することができる専門学校に2~3年通い試験に合格しなくてはならないため、免許の取得には時間や手間がかかります。
苦労して取得した資格ですからできれば、資格を活かすことができる職種に転職したいものです。ヘッドスパニストは、美容師が美容師免許、そして美容師としてのスキルと技術を活かして転職することができる職種のひとつです。

ヘッドスパサロンに転職すると収入が安定した

美容室は店舗によって勤務条件などが大きく異なります。店舗によっては開店の準備のため営業時間の1時間前に出勤し、片付けのために営業時間後、必ず1時間の残業を行うといったように、勤務時間が長時間化したり、休日や営業時間後に研修が行われて、自分の時間が確保することができないところもあるようです。
また、美容室は個人店舗も多く、そのような店舗では社会保険や福利厚生が充実していないところもあります。その点、ヘッドスパは勤務時間や休日などがしっかり決められているところが多く、大手のかつらメーカーが運営しているサロンもあって、そのようなサロンでは、福利厚生も充実しています。そのため美容師からヘッドスパニストへの転職によって、自分の時間を確保することができるようになったり、給与が安定して社会保険も完備されていることから、生活が安定したという人もいます。
また大手ヘッドスパサロンでは、研修制度も充実しているため、そのようなサロンでは、働きながら、プロのヘッドスパニストになることができます。

【関連リンク】