ネイリスト

ネイルの技術があればネイルメーカーという道がある

憧れてなったネイリストといっても、勤務条件や人間関係、仕事の難しさなどから転職を考える人が少なくないようです。転職理由は人それぞれですが、中にはお客様とのコミュニケ―ションを苦にして転職を考える人もいるようです。そんな接客業を苦にして転職を考えるとき、ネイルメーカーへの転職を考えてみてもいいんじゃないでしょうか?

目次:
ネイリストはお客様とのコミュニケーションも仕事のうち
ネイルメーカーでネイリストの知識と技術を活かす
ネイルメーカーに転職して収入も安定♪

ネイリストはお客様とのコミュニケーションも仕事のうち

ネイリストにはネイルに関する専門的な知識や技術が要求される仕事ですが、知識や技術だけでは務まらないのがネイリストといえるでしょう。
ネイリストはお客様とのコミュニケーション能力も要求されます。ネイリストはお客様の要望を聞き取り、その要望に併せて施術を行っていきます。ネイルアートでもお客様の要望に応えるには、お客様がどのような色合いやデザインを好んでいるのか、どのようなネイルアートを希望されているのかを読み取って施術を行っていきます。
また、ネイリストはお客様にリラックスして施術を受けてもらえるように、会話術なども必要です。ネイリストは接客業でもあるのです。そのため、せっかく憧れてなったネイリストであっても、お客様とのコミュニケーションが苦手でネイリストをあきらめてしまう人もいます。

ネイルメーカーでネイリストの知識と技術を活かす

お客様とのコミュニケーションが苦手で転職を考えるとき、全く別の職業に転職する方法もあります。しかし憧れてなったネイリストですから、ネイリストの知識と技術を活かした仕事をしたいと考える人も多いでしょう。そんなときネイルメーカーへの転職を考えてみてはどうでしょうか。
最近ネイルケアやネイルアートを自宅で行うことができるキッドやセットなどが販売され、ネイルサロンに通わずに、自分でネイルケアやネイルアートを楽しむ人が多くなっています。自分でネイルケアやネイルアートを楽しむ人の増加によって、ますますネイルケアのセットやネイルアートを行うことができるセットの種類や売り上げが多くなっており、インターネット上の美容関連のグッズの中で、ネイル関連のセットやキッドが売り上げ上位となるほどです。
そしてそんなネイルケアキッドやネイルアートのセットを企画・販売・製造しているのがネイルメーカーです。ネイルメーカーならネイリストの知識や技術を活かして仕事をすることができます。例えば企画であれば、ネイリストとしての美的センス、知識を活かしてネイルセットを企画することができるでしょう。一方、営業として活躍する方法もあります、ネイルメーカーの営業とはネイルサロンやエステサロンなど、ネイル関連のサービスを行っているサロンへ商品を紹介して売ったり、美容関連のグッズを扱っている店舗に商品を売る仕事です。
その際、ネイリストであればその知識を活かして商品について専門的で詳しい説明をすることができますし、実際に使って見せるといった営業もできるでしょう。このようにネイルメーカーならネイリストとしての知識や技術を活かして仕事をすることができるのです。ネイルメーカーでも営業などの仕事は人と接することが多い仕事ですが、同じコミュニケーションでも、ネイルサロンのお客様とは勝手が異なるため、ネイルサロンでのお客様ともコミュニケーションは苦痛だった人でもネイルメーカーの営業となってバリバリ仕事をしている、という人もいます。

ネイルメーカーに転職して収入も安定♪

ネイルサロンはサロンによって勤務環境が大きく異なり、サロンの中には勤務時間が長時間化していたり、休日を確保することが難しいところもあるようです。また小さなサロンでは、就業規則が作られていないところもあるようです。
しかしネイルメーカーは一般企業と同じように就業規則が作られ、勤務時間や休日が決められ、会社によって福利厚生も充実しています。そのため、ネイルメーカーへの転職によって収入がアップしたり、収入が安定したり、休日を確保することもできます。
サロンでは週末に休みを取ることが難しい場合がありますが、ネイルメーカーなら完全週休二日で、週末に休みを取ることも考えられます。

【関連リンク】