アイリスト

美容師

引く手あまたのアイリスト、美容師免許を持っているならお金にしない手はない?!

まつ毛エクステやまつ毛パーマの流行によってアイラッシュサロンは増加しており、この傾向は今後も続くと予想されています。そのためアイラッシュサロンで活躍するアイリストは美容業界の仕事の中でも注目の職業です。アイリストは美容業界の仕事の中でも高収入が得られる職業であることから、収入アップを目的として、美容師免許を活かして美容師からアイリストに転職する人も少なくありません。

目次:
アイリストには美容師免許が必須
美容師免許を持っていてもちょっと勉強は必要です
働き方によって収入アップも半端ない!

アイリストには美容師免許が必須

まつ毛エクステやまつ毛パーマといった目元の施術を行うアイリストは仕事をする上で国家資格である美容師免許が必須です。美容師免許を取得するには、免許の取得が可能な専門学校に2~3年通って専門知識と技術を学び、試験に合格する必要があります。美容師免許の取得には手間と時間、そして専門学校の授業料などが必要になるため、アイリストは簡単に目指すことが難しい職業といってよいでしょう。
しかし同じ美容師免許を所持している美容師であれば、免許の取得に時間や手間、費用がかかることがないため、ほかの職種からアイリストに転職するよりも目指しやすいといえるでしょう。美容業界の職種の中でもアイリストは高給取りと職種といわれており、研修中の給与については美容師よりも高いといわれています。そのため収入アップを目的に美容師からアイリストに転職を検討する人もいます。

美容師免許を持っていてもちょっと勉強は必要です

美容師もアイリストもどちらも仕事をする上で国家資格である美容師免許が必要です。そのため美容師からアイリストへの転職も検討いやすいといえますが、美容師とアイリストでは必要になる知識や技術が異なります。
アイリストと仕事をするにはまつ毛エクステの施術やまつ毛パーマの施術方法について専門的な知識と技術が必要です。そのため、美容師からアイリストへの転職を考える場合、アイリストとしての勉強が必要となります。アイリストの技術と知識を学ぶにはスクールなどに通って勉強する方法がありますが、未経験者OKで研修制度が整っている大手アイラッシュサロンに転職する方法もあります。
大手アイラッシュサロンでは、研修制度が整っているところがあり、そのようなアイラッシュサロンでは研修によって未経験から一人前のアイリストになることも可能です。アイラッシュサロンの研修でアイリストになる場合、スクールに通う費用や時間を節約することができます。
ただし、高収入が得られるといわれるアイリストですが、研修期間中はどうしても収入がダウンします。美容師からアイリストへの転職を考えるとき、研修期間中の収入ダウンという一時的に収入が下がる事態についてはあらかじめ承知しておきましょう。

働き方によって収入アップも半端ない!

アイラッシュサロンはサロンによって勤務条件が大きく異なります。アルバイトやパートといった形で勤務時間や休日の調整ができるため、出産や子育てなどがあっても長く仕事を続けることができるサロンもあれば、給与が歩合制になっており、働けば働くほど収入アップすることができるサロンもあります。
またサロンによっては店長や幹部候補への昇級が可能で、店長や幹部となればさらに高収入を期待できるサロンもあります。また最近では、エステサロンなどでもまつ毛エクステのサービスを行うところが増えてきており、アイリストの仕事範囲は広範囲です。アイリストの募集は1年通して募集が行われおり、勤務条件などによってサロンを選ぶことができる状態です。
そのため転職を検討する場合、研修制度の充実だけでなく、働き方を考えてサロンの勤務条件を確認するようにしましょう。なお、アイラッシュサロンによっては、35歳未満までといったように募集年齢の上限を設けているところもあります。そのため美容師からアイリストへの転職は早めに検討した方がよいでしょう。

【関連リンク】