エステティシャン

ネイリスト

ネイリストから大手エステサロンに転職して、プロのエステティシャンになる!

勤務時間や休日、福利厚生や給与など勤務条件や待遇などで転職を考えるとき、現在の仕事で培ってきたスキルや知識を活かして転職したいと考える人が多いでしょう。
ネイルケアやネイルアートの施術を行うネイルサロンで活躍しているネイリストの場合、スキルや知識を活かすことができる転職先としてエステティシャンがあります。

目次:
エステティシャンは資格不要の実力の世界
研修制度が整っている大手サロン
収入の安定化は、いつも転職理由の上位

エステティシャンは資格不要の実力の世界

スキルや経験を活かして転職を考えるとき、ネイリストの場合、エステティシャンへの転職を検討してもよいでしょう。というのもネイリストとエステティシャンは仕事をする上で必要になる知識や技術が異なりますが、同じ美容関連の仕事ということで、美容に関する興味を持っている人ならば考えやすい職種です。
そしてなによりエステティシャンになるには、美容師やアイデザイナーのように仕事をする上で資格が必要ない点も検討しやすいところです。
美容師やまつ毛エクステの施術を行うアイデザイナーは、仕事をする上で国家資格である美容師免許が必要です。美容師免許を取得するには、免許の取得ができる専門学校に2~3年通い、その上で試験に合格する必要があります。そのためネイリストから美容師やアイデザイナーを目指しには、時間と手間、そして授業料などのお金がかかります。
しかしエステティシャンは、美容師やアイデザイナーのように仕事をする上で必須となる資格がないため、その分、転職を考えやすいのです。エステティシャンにも民間資格があり、取得していると就職や転職に有利になりますが、必須ではなく、未経験からプロのエステティシャンになる人も多くいます。

研修制度が整っている大手サロン

エステサロンの中には、エステティシャンとしてのスキルや技術、そして経験を重要視して、経験者のみ募集しているところがありますが、一方で未経験者の募集しているエステサロンも多くあります。
大手サロンの中には研修制度が整っているとこも多く、そうしたサロンでは未経験者を募集しています。そしてサロンでは研修を受けながら、一人前のエステティシャンを目指すことができます。エステティシャンを目指すとき、スクールなどに通ってエステティシャンとしても基本的な知識を身に着けてから転職する方法がありますが、研修制度が整っているサロンに募集をすれば、スクールに通う時間とお金をかけずにエステティシャンを目指すことができるのです。
またエステサロンの中には店長候補、幹部候補などの募集を行っているところもあり、店長、幹部となって高収入を得ている人もいます。一方、アルバイトや契約といった働き方が可能で、勤務時間が調整できることから、結婚や出産をしてもエステティシャンとして長く働いている人が多いサロンもあります。エステサロンはサロンによって待遇などが大きく異なるため、自分にあったサロンに募集するようにしましょう。

収入の安定化は、いつも転職理由の上位

ネイルサロンは施術に大きな設備が必要ないため、小さなスペースで営業しているサロンも多く、スタッフも10人未満で就業規則が作られていないというサロンもあります。そのため、ネイルサロンによっては勤務時間が長時間であったり、休日をとることが難しいネイルサロンもあるようです。
エステサロンは大手の企業が運営していたり、歴史があるサロンも多く、そのため、福利厚生や社会保険が完備されているなど、仕事環境が整っているところが多くあります。また、大手エステサロンなどでは、一定以上の給与が約束されているところも多いため、ネイリストからエステティシャンに転職することによって収入が安定し、さらに休みも確保できて、自分のライフスタイルを大事にして働くことができる可能性があります。エステサロンによっては給与が固定給ではなく、歩合制になっているところもあります。
バリバリ働きたいという人はそのようなエステサロンに転職することによって高収入を得られる可能性もあります。

【関連リンク】