ネイリスト

ネイルサロン勤務からネイルサロンオーナーに独立開業!その現実味とは

美容業界には様々な職種がありますが、中でもネイリストは大きな開業資金を用意しなくても独立開業ができ、独立開業にリスクが小さい職業といわれています。そのためネイリストの中には、スキルを積み、固定客を確保した後、Wワークで活躍したり、独立開業する人もいます。
「独立開業」という響きに反応する方にとって、必見の情報です。

目次:
ネイリストの働き方あれこれ
ネイリストには独立開業する道もある
開業したら、年収アップできるか?

ネイリストの働き方あれこれ

ネイリストはネイルサロンで多く活躍する職業ですが、その活躍方法は様々です。サロンに正社員として働き、固定給を得ている人もいればアルバイトやパートといった働き方をする人もいます。
ネイルサロンによってはやる気があれば店長・幹部候補への昇級を考えることができるところもあり、店長・幹部候補となれば、一定の収入を確保することができます。またネイリストの中にはWワークをしている人もおり、ほかのネイルサロンと掛け持ちをして活躍している人もいれば、異なる職種でWワークをしている人もいます。
給与についても、固定給の場合もあれば歩合制のところもあり、サロンによって異なります。給与が歩合制のサロンの場合、固定客を確保することができれば、高収入を得ることができます。ネイリストにはさまざまな働き方があり、休日が確保でき、勤務時間が調整できるところでは、結婚や出産、子育てなどでも仕事を続けることを検討できるため、ひとつのサロンで長く活躍する人もいます。

ネイリストには独立開業する道もある

美容業界の職種の中でもネイリストは独立開業がしやすい職種といわれています。というのも、ネイルアートやネイルケアには、美容室のユニットやエステティックのように高価な美容マシン、最新の美容機器といった機材等が必要がないため、サロン用の店舗を借りるにも小さなスペースで開業できるためです。
スペースが小さければそれだけ、賃料などの開業資金を抑えることができます。独立開業するネイリストの中にはいきなり店舗を借りてサロンを開業せず、自宅の一室を使って開業し、サロンが軌道にのってから店舗を借りてサロンを開業する人もいます。この場合、賃料などが節約することができるためさらに独立開業の資金が小さくなります。
ネイルケアやメイルアートの施術に使う机や椅子などについても限られた予算の中でやりくりができる部分であり、節約することができます。小さな資金で独立開業することができるということは、それだけ独立開業するリスク少ないということです。そのためネイリストは独立開業がしやすい職種といわれているのです。
独立開業にあたっては顧客の確保が一番重要といえるでしょう。ネイリストとしての技術力はもちろん必要ですが、独立開業する場合、それだけではサロンを軌道に乗せることは難しいといえます。人脈造りも重要です。

開業したら、年収アップできるか?

ネイルサロンを開業して年収がアップしたネイリストも多くいますが、そのためにはサロンを軌道に乗せる必要があります。サロンを軌道に乗せるためには、固定客だけでなく新規の顧客の獲得も必要です。
しかし新規の顧客を獲得するためには、広告などを行う必要があり、広告を行うには費用もかかります。そのため費用対効果を考えながら、キャンペーンを行ったり、効果的な広告を行うなど、工夫が必要になってきます。また一定の収益があがるようになれば税金のことも考え、税金対策なども必要になってきます。
自分ですべて税金の手続きを行う方法もありますが、税金に関する専門知識が必要です。そのため自分で処理することが難しい場合は税理士を利用することも検討する必要があります。ネイリストは独立開業がしやすい職業であり、また独立開業のリスクも小さく、成功すれば収入アップを臨むことができますが、独立開業にはネイリストとしての知識やスキルだけでなく、オーナーとして店舗の運営も知識やスキルも必要になってきます。

【関連リンク】