美容師

流行りのヘッドスパサロンで美容師免許をいかす方法はある?

頭部のマッサージをすることによって頭皮の血行を良くして新陳代謝を上げて健康な頭皮を目指すヘッドスパは専門店をはじめとして、エステサロンや美容室、リラクゼーションサロンなどでも提供するところが多くなっており、施術を行うヘッドスパニストの募集は1年を通して行われています。
ヘッドスパニストはヘアスタイリングをはじめとして、頭皮や髪の毛に関して知識が深い美容師が、知識とスキルを活かして転職を考えることができる職種です。その旨味は?ヘッドスパサロンの転職事情を見てみましょう。

目次:
リラクゼーション、癒しを求めてお客がやってくるヘッドスパ
美容師のスキルと経験を活かして転職するとヘッドスパサロンは天国?
大手サロンに勤めると勤務体系と収入が安定する

リラクゼーション、癒しを求めてお客がやってくるヘッドスパ

何かと忙しい現代、癒しを求めてマッサージ店などが多くありますが、頭皮のマッサージによってリラックス効果を得るヘッドスパを提供するリラクゼーションサロンやヘッドスパ専門のサロン、エステサロンが多くなってきています。
頭皮のマッサージは毛穴の汚れを落とすだけでなく、頭皮をマッサージすることによって、リラックス効果を得ることができる上に、頭皮の血流を良くすることから、髪の毛に艶が出て来たリ、切れ毛や抜け毛の改善が期待できる施術です。美容室の中にはシャンプーやトリートメントといったサービスの中でヘッドスパを取り入れている美容室もあり、そのためヘッドスパのサービスを提供するヘッドスパニストは美容師から転職を考えやすい仕事といえます。

美容師のスキルと経験を活かして転職するとヘッドスパサロンは天国?

美容業界の仕事の中は仕事をする上で資格が必要な職種があります。美容師は仕事をする上で美容師免許が必要で、美容師免許を取得するには、資格が取得できる専門学校に2~3年通い、その上で試験を受けて合格する必要があります。それだけ苦労して取得した資格ですから、転職の際は資格を活かす職種を検討したいものです。
一言に頭皮のマッサージといってもヘッドスパではまず頭皮の状態や髪質を確認し、その人に適したマッサージを行っていきます。ヘッドスパニストは毛穴の中の汚れをきれいに落とし、その上でリラックス効果を与えるため、マッサージや頭皮や髪にことについて専門的な知識と技術が必要になります。
ヘッドスパでは毛穴の汚れを落としてその上でトリーメントを行っていきますが、トリートメントについてもお客様の頭皮の状態や髪質にったものを使用する必要があります。そして何よりもヘッドスパニストはお客様が安心して頭部を預けることができるよう、お客様がリラックスして施術を受けられよう、接客術を身に着けている必要があります。美容師が仕事をする上で美容師免許が必要ですが、ヘッドスパニストには仕事をする上で資格等が必要なく、そのため誰でも目指すことができる仕事といえますが、マッサージなど専門的な知識や技術が必要なことからスクールなどに通って目指す人も多くいます。
しかし美容師はすでに頭皮や髪の毛について専門的な知識を持っているため、即戦力として見なされます。美容師免許は就職や転職に有利であり、サロンによって待遇面で優遇される場合があります。またヘッドスパの中には大手かつらメーカーが運営するサロンなどもあって研修制度が整っているところもあるため、なおさら美容師からの転職は考えやすいといえます。

大手サロンに勤めると勤務体系と収入が安定する

ヘッドスパを提供しているリラクゼーションサロンやエステサロンは、大手かつらメーカーが運営していたり、関東や関西で何店舗もサロンも展開している大手のサロンが運営しているところも多くあります。
大手のサロンの場合、研修制度が整っているほか、勤務条件や福利厚生なども整っていて完全週休二日制の休日を確保することも可能なため、自分のライフスタイルを大事にしながら仕事をすることもできます。
また収入についても一定の収入を確保できるほか、未経験者から入社しても実力によって昇給が可能であり、収入アップなどが望めるサロンなどもあります。またサロンによっては正社員採用だけでなく、アルバイトや契約社員といった勤務形態も用意され、勤務時間を調整できるサロンもあって、そのようなサロンでは結婚や育児、介護などの事情があっても長く仕事を続けることを考えることができます。

【関連リンク】