未分類

接客が苦手なネイリストさんに朗報!ネイルメーカーという一般企業からのラブコール

勤務時間や休日、待遇といった勤務条件やプライベートな理由で転職を考える人は多いでしょう。そして転職するのであれば、現在の職業で得た知識や技術を活かすことができる仕事に転職したいと考える人もまた、多いのではないでしょうか。
ネイリストのスキルを持っている人が転職を考えた場合、ほかのサロンに転職したり、エステティシャンといった美容業界のほかの職種に転職する方法がありますが、ネイルメーカーへの転職というルートも十分検討の余地があります。

目次:
接客が苦手なネイリストには、メーカーへの道がある
ネイリストとしての知識を活かせばこんなに仕事がある
ネイルメーカーは収入や待遇も安定している

接客が苦手なネイリストには、メーカーへの道がある

憧れをもってなったネイリストですが、接客が苦手なために転職を考える人も少なからずいます。この場合、接客が苦手というのが理由なのでほかのネイルサロンへの転職やエステティシャンといった接客をする仕事への転職は検討が難しいところがあります。
しかしネイリストとしての知識や技術を活かして転職したいのであれば、ネイル商品の開発・販売を行っているネイルメーカーの転職を考えてみてはどうでしょうか。最近はネイルサロンを利用しないで自分でネイルを楽しむ人が増えてきています。
実際、インターネット通販サイトで自宅で手軽にできるネイルキッドが美容商品の売り上げランキングにランクインしており、今後もますます自分でネイルを楽しむ人が増えることが予想されます。
ネイルサロンで利用されるネイル製品、および自宅でネイルを楽しむことができるネイルキッド、そんなネイル製品を企画、製造、販売しているのがネイルメーカーです。ネイルメーカーは一般にはあまり名前が知られていませんが、良質なネイル製品やヒット製品を生み出しているネイルメーカーもあり、募集は1年を通して行われています。ネイルメーカーの仕事は多岐にわたっていて、ネイル製品の企画や営業、サロンや販売店などを運営している企業では販売員の仕事などがあります。

ネイリストとしての知識を活かせばこんなに仕事がある

ネイルメーカーではネイリストとしての知識や技術、経験を活かして仕事をすることができます。
例えば企画の仕事では、自分でネイルを楽しむなら、こんな器材が欲しい、こんなセットが欲しいといったことを考えることができますし、ヒット商品を生み出す歓びを経験することもできます。そしてネイルサロンへの営業の仕事でもネイルの知識をベースにして商品の説明をしたり、使い勝手を説明できますし、製品を実際に使ってみることもできるでしょう。
販売員の仕事も、ネイルをおすすめする上で、ネイリストとしての知識を活かして解説を行うことができますし、実際にお客様に対して使ってみることもできます。製品チェックでもテスターを使ってみてプロとしての判断をすることもできます。ネイルメーカーの仕事は様々ですが、多くの業務にネイリストとしての知識を活かすことができます。

ネイルメーカーは収入や待遇も安定している

ネイルサロンは施術にあたって特別な機器等が必要なく小スペースでも営業ができることから、小さなサロンも多くあります。そして大きなサロンでは就業規則が作られ、勤務条件もしっかり決められていますが、サロンによっては勤務条件が大きく異なり、残業が多くて休みが確保することができなかったり、収入が安定しないといったところもあります。
しかしネイルメーカーは一般企業と同様のため、勤務時間や休日などの勤務条件が就業規則で決められており、企業によっては福利厚生が充実しています。ネイルサロンによっては、土日祭日の休日や夏季休業、年末年始のお休みなど難しい場合もあったでしょう。
ネイルメーカーなら週休2日を確保することもできますし、勤務時間についても決められている時間に就業して、自分の時間を確保して働くことができます。また収入の面についても安定しており、昇給などもあるため、収入アップを臨むこともできます。そのため、収入の安定や休みの確保などの勤務条件、福利厚生の点からネイリストからネイルメーカーに転職するのも、理由としては十分なのです。

【関連リンク】