ネイリスト

美容師

美容師からネイリストに転職してフリーになって活躍すると、こうなる

美容師はビューティーサロンで正社員として働くだけでなく、面貸しや業務委託、フリーといった働き方があり、働き方によって自分の時間を確保したり、より高収入を得ることができます。
最近ではビューティーサロンでヘアスタイリング以外のサービスを提供しているところも増えてきており、特にネイルサービスは特別な機材やスペースが必要ないことから、ビューティーサロンでヘアスタイリングのサービスと併せてネイルサービス提供するサロンが多くなっています。そんなサロンでは美容師とネイリストの二束草鞋(にそくわらじ)で活躍する人もいます。

目次:
美容師の働き方は実にさまざま
美容師からネイリストに転職して夢の二束草鞋
ビューティーサロンでネイルサービスを提供

美容師の働き方は実にさまざま

美容師は多くビューティーサロンで活躍していますが、その働き方は多様です。正社員としてビューティーサロンに雇われて働いている美容師もいれば、面貸し、業務委託といった形で活躍している人もいます。面貸しとは、ビューティーサロンの一部を借りて美容師が就業する方法です。
面貸しの場合、美容師は自分で顧客を連れてくる必要がありますが、勤務時間などが自由になり、自分のペースで働くことができるのが特徴です。面貸しとはスペースを借りて開業するような方法で、スペースを借りた分、1日あたりいくらといった使用料をサロンに支払います。
一方、業務委託とは、面貸しと同じようにスペースを借りて就業する方法ですが、業務委託の場合、お客はサロンが集めてくれます。その分、サロンに売り上げの数パーセントをスペースの使用料として支払います。
勤務時間などはサロンの営業時間に準じる場合もありますが、ある程度自由度が高いところもあります。面貸しも業務委託も自分の時間を確保して働くことができる方法で、固定客がいる場合や、忙しいサロンなどでは、面貸し、業務委託になることによって収入アップになることがあります。
そのためキャリアを積んだ美容師の中には正社員から面貸し、業務委託という働き方をするために、面貸し、業務委託という働き方ができるサロンに転職する人もいます。

美容師からネイリストに転職して夢の二束草鞋

美容業界の職種の中でも、美容師やまつ毛エクステの施術を行うアイデザイナーの場合、仕事をする上で国家資格の美容師免許が必要になります。
美容師免許を取得するためには、美容師免許を取得することができる専門学校に通って2~3年、専門知識と技術を勉強し、試験に合格する必要があります。一方で仕事をする上で資格の必要がない職種もあり、そのひとつがネイリストです。
ネイリストも民間資格がいくつかあり、民間資格を取得していると就職や転職にあたって有利になりますが、仕事をする上で必須ではなく、そのため資格なしでも仕事をすることができます。そのためネイリストは誰でも目指すことができる仕事といえます。美容師の中には美容師をしながらネイリストの勉強をして美容師とネイリストのWワークをしている人もいます。

ビューティーサロンでネイルサービスを提供

ビューティーサロンの中には、ヘアスタイリングなどのサービスのほかに着付けなど、複数のサービスを行うところがあります。
そしてネイルケアやネイルアートなどのネイルサービスは特別な器材や広いスペースを必要としないことから、ネイルサービスを提供するビューティーサロンも増えています。そうしたビューティーサロンでは、美容師とネイリストのWワークをしている人もいます。
美容師にはビューティーサロンに正社員として雇われるほかに面貸しや業務委託といった働き方があり、スペースを借りて働くことができます。ビューティーサロンの一角をレンタルスペースとして借りてヘアスタイリングとともにネイルサービスを提供すれば、収入アップにも繋がります。
また営業時間が比較的自由になる面貸し、業務委託といった働き方で美容師として活躍し、サロンの休業日にネイリストと働くといったネイリストを副業して活躍している人もおり、そうした活躍の仕方を目指して転職する美容師もいます。

【関連リンク】