エステティシャン

ネイリスト

ネイリストの知識と技術を活かしてエステティシャンに転職すると収入が安定する

美容業界の中でも美容のプロフェッショナルとして注目度が高いのがエステティシャンです。美意識の高まりと共にエステサロンは増加していますが、一方でエステサロンの増加によってエステティシャンは不足気味であり、1年を通して募集が行われています。美容師やアイデザイナーのように、仕事をする上で必須となる資格がないことから、やる気があれば目指すことができる職業のため、ネイリストなど、美容業界のほかの職種からエステティシャンに転職する人も少なくない状態です。

目次:
エステティシャンの仕事について
髪に関する美容サービス以外を提供するエステサロン
エステティシャンに転職すると収入が安定しやすい

エステティシャンの仕事について

一言にエステサロンといっても、サロンによって提供するサービスは大きく異なります。一般的にエステサロンとはボディケア、脱毛、フェイシャル、リフレクソロジーといったサービスを提供しており、複数のサービスを提供しているサロンもあれば、ボディケアに特化したサロンや脱毛に特化したサロンなどもあります。
そしてサロンによって必要になる知識や技術が異なります。エステサロンではさまざまな美容機器を使った施術も行うため、エステティシャンは美容に知識に併せて、機器の操作なども習得していきます。そしてお客様の肌の様子や心の状態などをカウセリングして、お客様の様子や希望に併せて美容サービスを提供します。エステサロンでは単に美容サービスを提供するだけでなく、リラックゼーションも同時に提供しており、お客様は美容サービスの提供を受けつつ、リラックスして過ごせるようになっています。
そのためエステティシャンは美容に関する知識だけでなく、リラクゼーションに関する知識も必要になります。エステティシャンの仕事はお客様に直接肌に触れる仕事のため、単に接客が好きというだけでなく、お客様が安心して身を任せることができるように、お客様に安心感を与えられるように、美容に関する専門的な知識や経験を持っていることが求められます。美容術は日進月歩で進化しているため、常に新しい知識を勉強して吸収することがエステティシャンには求められるのです。

髪に関する美容サービス以外を提供するエステサロン

エステサロンは、ヘアスタイリングといった、髪に関する美容サービス以外を提供しています。
そして様々な美容サービスを提供しているサロンではネイルケアなどを提供しているところもあります。
そのためネイリストからエステティシャンに転職を考える場合、ネイルサービスを提供しているエステサロンを選んで転職すればネイリストの知識と経験をそのまま活かして転職することができます。エステティシャンは、美容師やアイデザイナーのように仕事をする上で、資格等が必要ないため、目指しやすい職種といえます。実際に仕事をするには美容の専門知識が必要なためスクールに通うなどして勉強が必要ですが、ネイリストからエステティシャンへの転職は考えやすいといってよいでしょう。

エステティシャンに転職すると収入が安定しやすい

ネイルケアやネイルアートなどのネイルサービスは特別な器材や広いスペースが必要ないため、小さなサロンが多くあります。そしてスタッフの数が10人未満の小さなサロンでは就業規則を自治体の窓口に届け出る必要がないため、就業規則が作られず、お客様の都合やサロンのキャンペーンなどのイベントによって勤務時間が長時間になってしまったり、休日が決まっていなかったり、勤務時間に見合った収入が得られない場合があります。
それに対して、エステサロンは大手の企業が運営していることも多く、そのようなサロンでは勤務時間や休日が決められていて、自分の時間を確保して働くことができます。また収入についてもエステサロンは安定しているところが多く、正社員として働く場合、月給18万円〜22万円程度、30代くらいで年収が300万円〜400万円くらいになります。
そのため収入の安定や勤務状態からネイリストからエステティシャンに転職する人もいます。なお、エステサロンでは、客層によって、年齢制限があります。そのためエステティシャンへの転職を考える場合は早めに考えた方がよいでしょう。

【関連リンク】