エステティシャン

ネイリスト

ネイリストからエステティシャンに転職して美容のプロフェッショナルになると・・・?!

美容業界の仕事の中でも美容のプロフェッショナルとして注目されているのがエステティシャンです。
エステティシャンになるには、美容師やアイデザイナーのように仕事をする上で必須の資格がないことから、誰でも目指すことができる仕事といえます。大手エステティックサロンでは就業規則などが設けられて安定した収入を得られることから、ネイリストなどのほかの職種からエステティシャンに転職する人も多くいます。

目次:
実に広いエステティシャンの仕事範囲
エステティシャンになるのは意外に簡単?
エステティシャンに転職すると安定収入は実現するか

実に広いエステティシャンの仕事範囲

美容のプロフェッショナルといったイメージのあるエステティシャンは、美容師やアイデザイナー、ネイリストなどの美容業界のほかの職種の人から、OLといったまったく異なる職種の人からも転職してくる人がいる仕事です。
ただし、一言にエステティシャンといってもその仕事の範囲や仕事内容、仕事をする上で必要になる知識は様々です。
エステティシャンというと、エステサロンで多く活躍していますが、活躍範囲は広範囲で、例えば、エステサービスを行っているホテルや旅館を利用したことがある人もいるでしょう。そのようなエステサービスを行っているホテルや旅館などでもエステティシャンは活躍しています。
また化粧品メーカーでは、直営店を運営していたり、百貨店などでカウンセリングブースを設けているところがあります。そしてそのような場所でもエステティシャンは活躍しています。
またエステティシャンの中には独立開業する人もいて、活躍範囲は広範囲です。そして一言にエステティシャンといっても勤務しているサロンなどによって必要になる知識や技術は大きく異なります。エステサロンのサービスはフェイス、ボディ、リラクゼーション、ダイエットなど様々です。
そのためサロンによって必要になる知識や技術が大きく異なるのです。しかしエステティシャンに共通しているのは、お客様とのコミュニケーション能力が問われるということです。エステティシャンはお客様と一対一になって施術を行うだけでなく、カウセンリングなども行い、常にお客様と接している職種です。そのため接客が好きな人向けの仕事です。

エステティシャンになるのは意外に簡単?

美容業界の職種の中でも美容師やアイデザイナー(アイリスト)は、仕事をする上で国家資格である美容師免許が必須です。しかし、エステティシャンの場合は仕事をする上で必須となる資格はないため、誰でも目指すことができる仕事といえます。
とはいえ実際には美容に関する知識や技術が必要な仕事のため、専門学校やスクールに通って美容に関する知識や技術を身につけたり、民間資格を取得するといったことが必要になります。なお、大手のエステサロンなどの場合、研修制度が整っていて、就職してから研修を通じてエステティシャンとして働くことができるところもあります。そのため募集に応募する際は、募集内容をよく確認しましょう。

エステティシャンに転職すると安定収入は実現するか

美容業界の様々な職種の中でも、ネイリストは勤務するサロンによって収入が安定しなかったり、自分の時間を確保して働くことができない場合があります。
しかし美容業界のほかの職種に転職を検討しても美容師やアイデザイナーの場合、仕事をするには美容師免許が必須であることから、資格の取得に時間と手間、お金がかかります。その点、専門学校やスクールに通ったり、民間資格を取得して仕事をすることができるエステティシャンの方が目指しやすいといえます。
大手エステサロンなどの場合、収入が安定していることから、ネイリストとして働いていたときに収入が不安定だった場合は、エステティシャンに転職することによって勤務時間や休日、収入が安定する場合もあります。
エステティシャンは美容業界の中でも平均年齢が低めといわれており、サロンによっては20代後半や30歳以上の未経験者は募集していない場合があります。そのためエステティシャンへの転職を検討する場合は、早めに検討した方がよいでしょう。

【関連リンク】