アイリスト

美容師

アイラッシュサロンに転職して自分のライフスタイルを守ろう

まつ毛エクステの流行によってまつ毛エクステやまつ毛パーマなど行うアイラッシュサロンが増加していることからアイラッシュサロンの募集は一年を通して行われています。そうした事情もあってアイデザイナー(アイリスト)は不足状態にあります。そのため転職を考えるとき、自分のライフスタイルを守って働くことができる職場など、募集を選ぶことができます。

目次:
まつ毛エクステの施術を行うアイデザイナー(アイリスト)
アイラッシュサロンの現状
歩合制のアイラッシュサロンに転職して収入アップ

まつ毛エクステの施術を行うアイデザイナー(アイリスト)

つけまつ毛というと一昔前は、メイクの度に着けなくてはならないものでしたが、それを解消したのがまつ毛エクステです。まつ毛エクステは、元のまつ毛の質感にあったまつ毛エクステを選択し、1本1本接着剤を使ってまつ毛をつけていきます。
このまつ毛エクステは顔を洗っても簡単に取れないようになっており、2~3週間長持ちします。一度施術を行えば、2~3週間、毎日つけまつ毛をつける手間をなくすことができるのです。
さらにまつ毛エクステは、一昔前のつけまつ毛とマスカラのように、涙や汗によって目元が真っ黒になってしまうことがなく、自然な感じでまつ毛を増やし、ボリュームを与えることができます。
またまつ毛パーマなどの施術を行えば、目元もはっきりさせることができます。欧米人に比べて顔の凹凸の少ない日本人は、目元をはっきりさせるメイクをする傾向にありますが、まつ毛エクステを使えば、まつ毛を増やし目元をはっきりとさせることができるのです。
そんなまつ毛エクステやまつ毛パーマの施術を行うのがアイデザイナー(アイリスト)で、アイデザイナー(アイリスト)になるには美容師免許を取得する必要があります。

アイラッシュサロンの現状

まつ毛エクステの流行によって、まつ毛エクステの施術やまつ毛パーマを行うアイラッシュサロンは増加の傾向にあり、まつ毛エクステの需要はますます大きくなっていることからアイリッシュサロンの増加は今後も続くと考えられます。
そのためアイラッシュサロンのアイデザイナー(アイリスト)の募集は一年を通して行われています。しかしアイデザイナー(アイリスト)は仕事をする上で専門学校で2~3年専門的な知識と技術を学んで、美容師免許を取得しなくてはならず、誰でもなることができる職業でないことから、簡単に増加することが難しい職種です。そのような事情もあり、アイデザイナー(アイリスト)は転職を考えたとき、労働条件などでアイラッシュサロンを選択することができる状態です。
例えば勤務時間や休日がしっかり決められていて、自分のライフスタイルを大事にできるアイラッシュサロンを探して転職するといったことを考えることができます。またアイラッシュサロン以外にも最近では、エステサロンやビューティーサロンでもまつ毛エクステの施術を行うところが増えてきていることから、転職を考えるとき、別のアイラッシュサロンへの転職だけでなく、エステサロンやビューティーサロンも転職先として考えることができます。

歩合制のアイラッシュサロンに転職して収入アップ

ネイリストや美容師など美容業界の中にはさまざまな職種がありますが、そんな美容業界の職種の中でもアイデザイナー(アイリスト)は高給取りといわれています。
例えば同じ美容師免許を持っている美容師と比較したとき、研修中の給与は美容師が15万前後に対してアイデザイナー(アイリスト)は18万円前後といったようにほかの職種に比べて給与は高めです。
また収入アップを目指して、ほかのアイラッシュサロンへの転職を考えることもできます。例えば、アイラッシュサロンでは給与が固定給のところもありますが、基本給+歩合制のところもあります。
そうした歩合制の給与形態のサロンに転職した場合、指名が多くなればなるほど高収入を得ることができます。アイデザイナー(アイリスト)は現在、売り手市場にあるため、勤務時間や休日以外にも収入など、希望する条件の募集を探して転職を考えることができる状態です。

【関連リンク】