アイリスト

アイラッシュサロンからブライダルサロンに転職して美的センスアップ

まつ毛エクステの施術を行うアイデザイナー・アイリストは、まつ毛エクステやまつ毛パーマなど目元の美容を専門とするアイラッシュサロンで多く活躍しています。しかしアイデザイナー・アイリストの活躍の場は、美容業界の中で幅広く、花嫁に最高の装いを提供するブライダル関係でも活躍している人もいます。

目次:
1. アイデザイナー・アイリストになるには美容師免許が必要
2. ブライダルサロンには高い美的センスが要求される
3. 目元の美容だけでなく、美容に関する知識を深める

アイデザイナー・アイリストになるには美容師免許が必要

アイデザイナー・アイリストはまつ毛エクステやまつ毛パーマなどの施術を行う、目元の美容に関する専門家です。アイデザイナー・アイリストは誰でもなれる職業ではなく、アイデザイナー・アイリストの仕事をするには美容師免許を取得する必要があります。
これは一歩間違うと、目に障害を与えてしまう施術を行うことから、アイデザイナー・アイリストには専門的な知識と技術が要求されるのです。そんなアイデザイナー・アイリストはまつ毛エクステの施術を行うアイラッシュサロンで多く活躍しています。
まつ毛エクステは2003年にまつ毛用の細い毛が開発されてから、一気に人気が出てきた美容法です。東洋人は欧米人に比べて凹凸が少ない顔立ちをしていることから目元を強調するメイクをする傾向にあります。特に日本人の場合、目元のメイクに最も時間をかけるというアンケート結果があるように、目元のメイクのウェイトを大きく置く傾向にあります。
まつ毛エクステは目元に毛を1本1本植毛するため、涙や汗にも強く、長持ちするのが特徴です。さらにパーマをかけることによって目元をぱっちりさせることができることから、現在も需要が伸びています。

ブライダルサロンには高い美的センスが要求される

花嫁が纏うウェディングドレスのコーディネイトやヘアスタイリングなど、結婚式の当日に花嫁に最高の装いを提供するサービスを行っているのがブライダルサロンです。
ブライダルサロンと一言にいってもサロンによって提供しているサービスは異なり、サロンによっては、結婚式の数週間前から花嫁の肌の調子を整えるフェイシャルエステを行ったり、痩身エステを行うところもあります。
また結婚に対して不安を覚える花嫁に対して精神的なケアを行うこともあり、さまざまなサービスを行っています。結婚式は花嫁にとって記念の一日となる日ですから、その一日を最高の状態で迎えることができることができるようサポートをするブライダルサロンでは、ウェディングドレスに合わせたヘアスタイリングやメイクを行ったりと、ウェディングドレスに合うネイルアートを行ったり、高い美的センスが要求されます。
単にメイク術やネイルの技術を駆使するのではなく、全体の調和を考えてコーディネイトや施術を行っていかなくてはならないため、そのための知識や技術が必要になります。

目元の美容だけでなく、美容に関する知識を深める

アイラッシュサロンではお客様の要望にわせてまつ毛エクステの施術やまつ毛パーマを行っていきますが、ブライダルサロンではウェディングドレスやメイクなどが調和するようにコーディネイトや施術を行っていきます。
そのため単純にまつ毛エクステの施術を行うだけでなく、全体の調和を考えて施術を行うため、美容に関する知識を深めることができます。普段の美容については、少し納得がいかないときがあっても、諦めてしまうことが多いでしょう。しかし結婚式という記念の日を最高のものにするために、ブライダルについてはとことんこだわりを持つ女性も少なくなく、そのお客様の要望に応えていかなくてはならないのがブライダルサロンです。
そのため、お客様の要望に応えることができる接客スキルや知識、技術が求められます。アイデザイナー・アイリストは美容業界の職種の中で高給取りであり、まつ毛エクステの需要の高さからアイラッシュサロンが増えていて売り手市場の状態です。そのため求人数も多く、給与や就業時間、休日などの労働条件などで転職を考えやすくなっています。転職を考えるとき、より美的センスを磨きたいといった場合はブライダル業界を検討してもよいでしょう。

【関連リンク】