エステティシャン

美容師

今のスキルで収入をアップさせたい美容師さん必見!美容室からエステに転職して高収入をゲットする方法

最近、エステティックサロンでは、美容サービスに加えて、ヘアスタイリングやネイルなどのメニューを用意しているところが多くなってきています。そのようないろいろなメニューを用意しているサロンを訪れたお客様は、1つのサロンで美容に限らず、ヘアスタイルやネイルまで全身を磨くことができることから便利といえるでしょう。
そしてヘアスタイリングのサービスを提供しているサロンでは、美容師が活躍しています。

目次:
1. いろいろなメニューを用意するエステが増加
2. 美容師からエステティシャンに転職
3. エステティックサロンに転職して収入アップ

いろいろなメニューを用意するエステが増加している

エステティックサロンは、美白や痩身、ファイシャルといった美容サービスを行う施設です。エステというと全身美容というイメージがありますが、脱毛やフェイシャル、ダイエットなど特定のジャンルを専門とするところもあり、サービス内容はサロンによって異なります。そのエステティックサロンでは最近は美容全般のさまざまなサービスを提供するところが増えてきており、美白や痩身、ファイシャルといった従来のサービスの上にネイルやヘアスタイリングといったサービスを行っているところが増えてきています。
利用者にとっては、ネイルサロンやヘアサロンなど複数のサロンに通わなくても、そのサロンを利用すれば全身を磨くことができるため便利といえます。そのため、エステティックサロンというと、エステティシャンが活躍しているというイメージがありますが、ネイリストや美容師も多く活躍しています。美容師が転職を考えるとき、ほかの美容院へ転職するだけなく、エステティックサロンも転職先として検討することができるのです。

美容師からエステティシャンに転職

美容師の仕事をするには美容師免許が必要ですが、エステティックサロンで活躍するエステティシャンには、美容師のように仕事をする上で必須の資格がないため、誰でも目指すことができます。実際に仕事をするには民間資格を取得したり、スクールに通って美容知識を得ることが必要になりますが、中にはサロンの研修を受けただけで独学で勉強し活躍する人もいます。
そのため美容師が美容院からエステティシャンへの転職も考えやすいといっていいでしょう。働きながら美容に関する知識を学ぶことによってエステティシャンに挑戦することができます。最近はエステティックサロンでもヘアスタイリングやネイルサービスを提供するところが増えているため、美容師としてエステティックサロンに転職することを考えることもできますが、美容に関する知識を固めたい、労働条件が理想のエステティックサロンに勤務したいといった場合は、エステティシャンに転向して転職することを検討してもよいでしょう。

エステティックサロンに転職して収入アップ

ヘアサロンの中でも就業規則が決められていて就業時間や休日などがしっかり守られているところの場合、自分の時間を確保して働くことができます。また収入面についても給与形態がしっかり決められているところでは一定の収入を得ることができますし、基本給+歩合制のところでは顧客を確保することによって高収入を得ることができます。
しかしヘアサロンはサロンによって労働環境が大きく異なっており、サロンによってはお客様の都合で勤務時間が長時間化してしまったり、勤務時間に見合った収入が得られないところもあります。特にスタッフが10人以下のサロンでは就業規則を行政機関に届ける必要がないため、勤務時間がルーズになってしまう傾向にあります。
美容師の離職率が3年で80%と、高くなっているのも単にスキルを磨くためのほかのヘアサロンに転職するばかりではなく、労働環境の問題による離職も原因のひとつとなっています。エステティックサロンは大手の企業が運営しているところもあり、そのようなサロンでは就業規則が作られ、守られているため、自分の時間を確保して働いたり、一定の収入を見込めます。
そのため美容師に中にはエステティックサロンへの転職を考える人も多く、美容師としてエステティックサロンで働いたり、エステティシャンに転向して活躍しています。

【関連リンク】