美容師

美容師がヘッドスパの技術をいかすと稼げるか?

美容室でシャンプーをしてもらっているときはあまりの心地よさについうとうとしてしまうという人も多いでしょう。頭皮への刺激は目や頭の疲れに効果があるため、シャンプーで頭皮が刺激され、つい眠気を催してしまうのです。
そんなリラックス効果を求めてヘッドスパを利用する人が多くなっています。ヘッドスパでは、温水を使った頭皮のマッサージによりリラックスすることができるだけでなく、育毛や美髪の効果もあります。そんなヘッドスパでは元美容師が多く活躍しています。

ヘッドスパの仕事

ヘッドスパでは、育毛や美髪のためのヘッドマッサージやトリートメントなどを行っています。頭皮をマッサージすることは、汚れ落とすだけでなく、頭皮の血行をよくする働きがあります。
髪に栄養がいきわたらないというのは、脱毛や抜け毛、そして髪が傷む原因のひとつです。頭皮をマッサージして血行が良くなれば、脱毛や抜け毛、美髪の効果を期待することができます。また美容室でシャンプーをしてもらっている間に心地よさにうとうととしてしまうように、頭皮をマッサージすることはリラックス効果もあります。
リラックス+髪の健康維持を期待できるのがヘッドスパです。ヘッドスパで行われる施術は店舗などによって異なりますが、大体、頭皮や髪の状態について確認やカウセリングを行い、頭皮と髪の毛の汚れを落とすためのクレンジングが行われます。
クレンジングが終わったら、トリートメントマッサージを行い、頭皮の血行を高め、頭皮の状態を整えていきます。なお、店舗によっては首や肩のマッサージ、フェイスケアなどを提供するところもあります。また店舗によっては頭皮の状態をマイクロスコープで撮影して頭皮状態を確認できるほか、頭皮や美髪を維持するための相談にも対応しています。

美容師免許を活用して仕事ができる

頭皮のマッサージを行うだけの場合、美容師免許は必要ありませんが、美容を目的とした施術を行う場合は美容師免許が必要になります。そのためヘッドスパのサロンの募集では美容師免許が必須になっているところも多くあり、美容師の転職先として検討することができます。
ヘッドスパの中には施術がマッサージのみで必ずしも美容師免許が必須でないところもありますが、美容師免許を持っているということば応募において有利です。
ヘッドスパでは、単に頭皮のマッサージを行いリラックス効果を与えるだけでなく、頭皮に関する悩みや髪の状態に関する相談に対応しているところもあります。美容師は単にヘアスタイルのプロというだけでなく、髪の健康維持などについても知識を有し、頭皮や髪の悩みに対応することもできる頭皮と髪のプロといえる職種です。
ヘッドスオアでは、そうした美容師の知識とキャリアを活かして仕事をすることができます。

ヘッドスパに転職するメリット

ヘッドスパのサービスを提供しているサロンの中には大手企業が運営しているところも多くあります。そのような大手企業が運営するヘッドスパのサロンでは雇用条件や勤務形態も整っており、正社員雇用もあり、休日や勤務時間が決められています。
そのため、自分の時間を確保して働くことができます。サロンによっては残業時間なども決められており、月に20時間以下となっているところもあるようです。正社員雇用となれば、給与も決められたものになるため生活も安定してきます。なお、サロンの中に歩合制のところもありますが、そのようなところでは、指名を多く確保することができれば、高収入を得ることもできます。
ヘッドスパはマッサージなどで体力がいる仕事のため、ヘッドスパのサロンによっては募集に年齢の上限があります。美容師からヘッドスパのサロンへ転職を検討する場合は早めに転職を検討した方がよいでしょう。
ヘッドスパにはヘッドマッサージ資格などの民間資格があり、取得すると有利になります。ヘッドマッサージ資格などは通信教育でも資格を取得することが可能なため、美容師をしながら取得することを検討してもよいでしょう。

【関連リンク】